コンテンツ一覧

賃貸問題の解決方法

貸し借りの関係では、人と人との間で行われるため、トラブルが発生しやすくなっています。
そこにお金が絡めば、当然のことでしょう。
個人間でも、あるいは、個人と法人の間でも、金銭問題は、ややこしくなってしまう傾向があります。
賃貸においても、金銭が伴った不動産取引であり、トラブルが発生しやすくなっています。
このサイトでもすでにふれていますが、特に賃貸人と賃借人の間では、敷金を巡るトラブルが発生しやすくなっています。
可能な限り、トラブルを減らすには、お互いの誤解を招かないようにすることでしょうが、不動産管理会社などを介しているため、なかなか誠意が伝わらず、ますますトラブルが大きくなってしまうケースもあるようです。
問題が難しくなれば、自然と第三者に解決をゆだねるようになります。
その第一の手段が裁判でしょう。
賃貸においては、金銭が裁判になるケースでは、あまり巨額ではないことから、少額訴訟で進められることが多くなっています。
当該物件の所在地を管轄している簡易裁判所に訴えるもので、本人訴訟となります。
当事者本人が訴えるもので、証拠などもきちんと集めておくことが重要です。
ただし、日本の場合、欧米などよりも、裁判を好まない傾向にあるため、調停で解決するケースが多いようです。
なお、訴訟まで至らなくても、国民生活センターなどでは、相談窓口があります。
アドバイスという形ですが、解決するための何らかのヒントを得られるかもしれません。

Copyright (C)2017賃貸に関する法知識を身につける〜トラブルは防げます〜.All rights reserved.