コンテンツ一覧

二通りある保証

お金のやり取りには、信用が大切でしょう。
たとえば、ローンを申し込んだ際、信用審査が行われ、支払能力の有無を確かめられます。
この場合での信用とは、結局は、お金に関することですが、しかし、金銭の関係であるので、それも至極当然でしょう。
賃貸においても、そういう審査がありますが、問題ないとされても、なお、信用度を高める必要があります。
それが保証でもあります。
賃貸の場合、二通りのものがあり、一般的には、どちらかを選択するようになります。
一つ目が、連帯保証人を立てることです。
従来からの方法であり、通常は、親類などに依頼することになるでしょう。
もう一つが保証代行会社を利用する方法です。
比較的近年になって利用者が増えたようですが、親類が身近にいなかったり、あるいは、疎遠であったりする場合、利用する人が多いようです。
そうでなくても、いたずらな迷惑を掛けたくないということで、代行会社を選択する人もいるようです。
これは、先で触れているローン会社のようなもので、利用の際には、審査があります。
それに通らなければ、入居もできなくなります。
気兼ねなく利用できる可能性もありますが、それにはハードルを一つ越える必要があるのでしょう。
なお、保証代行会社を利用する際、保証金を支払います。
賃貸物件によりけりですが、数万円程度のものが、多いようです。
また、物件の中には、保証代行会社を利用しない限り、入居できないものもあるようです。

Copyright (C)2017賃貸に関する法知識を身につける〜トラブルは防げます〜.All rights reserved.